Archive for 2016年12月

クリスマスはいつも感動的
2016.12.28|スタッフブログ

ラジオで

拝啓あの頃の自分へ

あの頃の自分へ 今の自分から 手紙を書く

そんなコーナーがあります

 

今日は25日

今日の手紙はある女性のクリスマスのお話し

 

寒い外でバイクで来るという彼を

3時間待っていた

寒くて体の感覚が段々なくなってくるんだけど

彼へのクリスマスプレゼントだけは

しっかり握り締めている

 

そしてやっと着いた彼としっかりと

腕を組んでいるのは自分ではなくて

親友だった

親友には彼の事もいろいろと相談にのって

もらっていた

一度だけ 親友に彼を紹介してしまった

 

俺たち付き合うことにしたから

と彼の言葉

そして離れてゆきざまに

親友は振り返り

勝ち誇ったような冷たい笑いを残して

去って行った

 

彼女はクリスマスの賑やかな街を

泣きながらあるいた

 

これをクッシーの嫁さんに話したら

なんてこと かわいそう

ダメ 彼氏を親友に紹介しては ダメ

 

クッシーはこのあと

頭がジーンとして

もう思考力がなかった

 

そして彼女のリクエスト曲は

山下達郎のクリスマスイブ

彼女の悲しい心と共鳴するように

あの鐘の音から曲が始まった

きっと彼女を包み込む様に曲は進んでゆく

切ない

 

 

夜には結婚式の動画を見た

不器用な父が

結婚する娘のために

披露宴でサプライズで ピアノの演奏をする

 

ピアノなど弾いたことのない父は

自分の気持ちを

なんとか娘に伝えようとして

ピアノ教室に通い

亡き妻がよく弾いていたカノンを練習した

 

娘は戸惑う

そして最初 迷惑そうな顔をする

やめてよねえ やめてよ どうしてその曲なの

彼女は心で呟く へたくそ

 

母が元気だった頃優しい指を重ねて

一緒に練習した事を思い出す

 

父の演奏は緊張のあまり

途中で一度止んでしまう

頑張ってお父さん頑張って

感動で嗚咽しながら 心のなかで

娘は父を励ます

 

そして

父はまた弾き始める

ピアノの上の楽譜の横で

お母さんがの写真が

笑顔で見つめている

 

クリスマスはいつも

クッシーに感動をプレゼントしてくれる

少し苦いけど切ないけど

どこかでたくましくて

優しい 感動

この青い空の様に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-
クリスマスイブ
2016.12.24|スタッフブログ

kimg8281

 

 

クッシーはクリスマスの夢を見たんです

 

クリスマスパーティーのある

六本木の柿の木坂までは

車で10分くらい

 

乗っかって いつも思うのは

つかないでつかないで 永遠に

つかなければずっと一緒にいられるから

 

きっと お洒落な横浜経由か

いっそ軽井沢を回ってゆけば

時間が稼げる

 

 

突然

ねえ どっちの道が近いの って聞かれて

あまりにも不意なので

思わず 最短の道を教えてしまった

 

どうしてって 後悔してる

 

 

あの歌を思い出す

 

吉田拓郎がつくって 

由紀さおりが歌った ルームライト

 

あなたが運転士に

道を教え始めたから

私の家に近づいてしまった

あの薬屋の角を左に曲がると

車はもうすぐ止まり私はおりる

ルームライトにボンヤリ

あなたの横顔がみえる

そのせいじゃなくて 疲れてるみたい

・・・・・・

もう送られることにも 慣れてしまった

 

今年のイブは少し しあわせ

少し 切なく

 

 

 

kimg8282

 

クリスマスの夜に聴く曲

クッシーのオススメ1は

JUJUのつぐない

 ボサノバ アレンジの一曲

 けだるく やさしく 思いやりに溢れた

 この曲は心を癒してくれます

 やっぱり 雪には ボサノバ

 

 

クッシーのオススメ2は

 高橋真梨子が歌う

 はがゆい唇

1993年 ニューヨーク カーネギーホールの動画がいい

セクシーで エネルギッシュな表情は

左側からの顔が一番好き

 

そう 街は大きな鳥籠ね

みんな 飛べないの

 

歯痒いのよ その唇

キスする場所 間違えてる

心の傷なら そんなとこにない

 

歯痒いのよ その口づけ

私の中の落とし穴

ぽっかり空いてる 孤独を塞いで

 

ねえ 少女染みたせりふでしょう

時よ このままで

 

歯痒いのよ その口づけ

夜の闇を 乱すくらい

ぴったり二人の 溜め息重ねて

 

クリスマスの夜は

意味深に 

クリスマスの夜は

こころホットに 

だって年に一日だけなんだから

勇気を出して

一番好きな人と一緒に

トナカイさんも サンタさんも

応援しています

 

さあ プレゼントを抱きしめて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-
空の番人です
2016.12.21|スタッフブログ

夕焼と

青い空

 

kimg8236

 

もやっと 少しピンク

 

kimg8235

 

淡い色が いい

 

 

kimg8227

 

 

kimg8226

 

毎日みているのに

なぜ飽きないんだろ~

 

kimg8223

 

 

kimg8222

 

少し写っていますが

山の雪は 今 多くなったり 少なくなったりします

 

kimg8221

 

 

長ーく 続く飛行機雲

二枚の写真でご紹介します

 

kimg8218

続きは

kimg8217

よーく見ていただくと

繋がっているのです

 

クッシーでした

うふ しあわせ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-
ある日の空
2016.12.16|スタッフブログ

kimg8271

 

なんとなく撮った 空

クッシーです

時々空を見上げては 

カシャ

 

kimg8264

 

 

kimg8265

 

 

kimg8239

 

都会の夕焼けも 神秘的

 

kimg8238

 

 

-
来年の大河ドラマゆかりの地松源寺に
2016.12.11|スタッフブログ

たーこさんから

ホットな情報です

 

来年の大河ドラマのゆかりの地【高森町】にツアーバスが、どんどん来ています‼

dsc_1761


ここは、高森町の松源寺、松岡城趾です。
8日の午後2時頃、中京方面からの観光バスが、立て続けに3台到着。

地元のガイドさんが案内して、
亀之丞(主人公「直虎」のいいなづけ)を匿っていた松源寺へと進みます。

 

dsc_1764


山門の屋根には「亀さん」が居ました。

 

dsc_1767


ご住職のお話を聞いた後、ご朱印を希望する人も大勢いました。

 

松岡城趾までしばらく歩き段級の突端に到着。みんな「うわ~!素晴らしい」と、歓声。

 

dsc_1774
 

目の前には伊那山脈、白く雪をかぶった3000メートル級の山々がその奥にかがやいています。
眼下には天竜川が蛇行して・・・
訪れた皆さんは、しばらく眺めを楽しみ、カメラのシャッターを押していました。


ここ、湯ヶ洞に昼食に立ち寄るツアーバスもあります。
大河ドラマの効果も・・・


もちろん大河ドラマも楽しみです(^_^)

 

 

-
年末年始営業時間のお知らせ
2016.12.07|お知らせ

12月30日~1月1日
までの間通常の営業時間とは異なります。

下記をご確認ください。

日帰り温泉 御大の館
10:00~19:00
(18:00受付終了)

お食事処
11:00~14:30
(14:30オーダーストップ)

-
クリスマスがやってくる
2016.12.06|スタッフブログ

湯ヶ洞のフロントにクリスマスツリーが

現れました

kimg8281

 

クッシーは毎年の事なんですけど

このクリスマスツリーを見ると

ドキドキ

ワクワク します

 

 

早くクリスマスが来て欲しいと思う反面

お楽しみは ず~~っと取っておきたいと思う

気持ちが交錯するのです

 

kimg8282

 

とにかく

今年はどんなクリスマスになるんでしょうか

今からこころウキウキ

胸ドキドキ

 

あの 京都人の密やかな愉しみの

お菓子屋さんの

若女将はどんなクリスマスなんだろう

 

似合う着物姿で

ケーキを下げて

クリスマスツリーをふっと見上げたら

きっと絵になる

 

そんな美しい人に

声を掛けたいんだけど

もしそうしたら

自分の舌足らずの言葉が

せっかくの美しい絵を

壊してしまいそうで 怖くて

とても 声をかけられない

 

やっぱり黙って静かに

佇んでいるのが 一番似合いそう

 

でもまた何もできない自分が切なく

もどかしい

心のなかで気持ちがぐるぐると回って

つらい

 

きっと 京都慕情の歌詞が

慰めてくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

-
-
Pagetop