カテゴリー

アーカイブ

2019.10.22 ブログ

山ろく清談

 

 

 

 

 

 

我が信州が誇る新聞は信濃毎日新聞 通称しんまい

クッシー24歳の時 図書館の司書さんから

串原君 しんまいは全国有数の立派な新聞なんだに

と 教えられました

それまでは我が家でたまたま購読していたので読んでいた程度で

とにかくプロの方がそう言うので

以来クッシーはこの新聞を誇りとしてきました

 

 

 

 

 

 

 

 

この信濃毎日新聞の夏の風物詩と言っていい企画が

山ろく清談

クッシーが小学生か中学生の頃からずっと続いている記事

昔のクッシーは信州か軽井沢に避暑に来ている有名人に

別荘でインタビューしてまとめたものと思ってきましたが

 

正確にいえば

毎年7月から8月にかけて掲載されているインタビュー記事

信州を訪れた著名人

毎回20人前後のさまざまな分野の方が登場

こういう方がいたのか

こういう考え方があるのかと

いつも感心させられる そんな内容なんです

 

暑い暑い夏に読むには

この記事は少しクッシーには荷が重く

涼しくなってから読むように 取っておき

今ぐらいから読み始めています

 

記事の一段目が一番頭が疲れます

書き出しはその方の分野の話が始まるんですが

何しろ突然 各界の専門的な内容が展開 提起されるので

 

 

 

 

 

 

 

田口ランディさん 作家 

「誤った未来」オウムの教訓 諏訪湖博物館・赤坂記念館

 

久郷ポンナレットさん 元カンボジア難民 

許す 過ち繰り返さぬために 上田市中央公民館

 

木村大作さん 映画監督・撮影監督 

映画作りは日常の生き方 長野ホテル犀北館

 

吉田次郎さん 音楽家 

音楽が放つ光に人は集う 長野市芸術館

 

大村崑さん 喜劇役者 

笑って人生勉強 喜劇見て 長野市の結婚式場「テラスグランツ」

 

村山斉さん 物理学者 

残る宇宙の謎「なぜ」を追う 北佐久郡軽井沢町の国立情報学研究所国際高等セミナーハウス

 

石丸幹二さん 俳優・歌手 

最高到達点描き人生逆算 松本市のまつもと市民芸術館

 

仁志田博司さん 東京女子医大名誉教授 

「母になっていく」を支える 松本市のキッセイ文化ホール

 

綾戸智恵さん ジャズシンガー 

いい人生 つらい経験から 南佐久郡南牧村の八ヶ岳高原音楽堂

 

ジュディ・オングさん 歌手・女優 

草の根交流の強さ忘れず 北佐久郡軽井沢町の軽井沢大賀ホール

 

安西祐一郎さん 元慶應義塾塾長 

知恵と気概を養う教育に 北佐久郡軽井沢町の旧軽井沢ホテル音羽の森

 

西寺郷太さん ミュージシャン・音楽研究家 

楽曲誕生の背景も語ろう 飯山市文科交流館なちゅら

 

はるな愛さん タレント 

「普通の人」などいやしない 諏訪郡下諏訪町の旅館「ぎん月」

 

小宮山宏さん 三菱総合研究所理事長 

持続可能で質高い社会に 北佐久郡軽井沢町の別荘

 

秋川雅史さん 声楽家 

プラスを生む力音楽に 飯山文化交流館なちゅら

 

三浦瑠璃さん 国際政治学者 

戦争へ至る過ち研究必要 北佐久郡軽井沢町の別荘

 

 

 

 

 

 

その一部をご紹介致しましたが

ご覧の通り そうそうたるメンバー

クッシーはプレッシャーで押しつぶされそうだけど

頑張ってよむ!

 

読者が誰しも感じるイメージは

夏の強い日差しを避けて

信州の高原の木陰という 贅沢な空間

後ろには緑が豊か 高原の風が爽やかにそよぎ

喧騒を忘れて ふと我に返り お話聞かせてもらいたいなーって

読者に思わせる様な 粋な企画

 

写真の主人公の皆さんは

皆笑顔で 右側のインタビュアーに向かって

輝く瞳で語りかけている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の木陰は最高

 

 

いくつかの掲載の後

今年は8月25日(日)

岩井克人さん 経済学者 資本主義 倫理がなくては が最終回

最後の一行は 今年の「山ろく清談」は終わります

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

Page Top