カテゴリー

アーカイブ

2016.07.02 ブログ

2016 南信州鮎釣り情報

 

こんにちは、宮ちゃんです。

私は釣りが好きです。

渓流釣りと鮎釣りしかやりませんが・・・

今日は、釣りについてつぶやきます。

仕事とは関係なく、鮎釣りの話題しか書きません。

鮎釣りのシーズンとなり、休みのたび鮎釣りに出かけ「たまには家事も手伝いなさいよ!」と怒られてます。

でも、

「はよ、鮎つってきてーな。脂ののったおいしいやつね!」

ともいわれ、

結構幸せな釣りライフも楽しんでます。

今の時期、お師匠様がブルーベリーの出荷に忙しく、ほぼ私一人での釣行となっています。

今年は、お師匠様に課題をいただき「瀬を攻めること」=「重りと背針り」を使えるようになること

に取り組む釣りとなっています。

昨年は、泳がせ釣りか泳がせ引きずりでしたが、今年はさらに難しい。

というのも、シーズン中盤から終盤にかけて釣り方が違く、

今の釣り方では釣果が伸び悩むことがあり、その対応のため今から練習を重ねているのです。

また、天竜川の本流対策ともいえるんですかね・・・

天竜川に入るにはまだ早いようで、6月中旬に1度入りましたがあたりもなかったです。

(場所が悪かったと思う。釣具屋さんに言われたポイントに入らなかった…)

解禁当初は、天竜川水系のとある支流へ

↑解禁当初の写真…解禁当初ということで、結構数が上がる。解禁当初にしてはサイズがおおきかった。

↑解禁当初の写真…師匠が、もうすこしで”尺”のアマゴを釣り上げる(笑)やはり数が多く上がる。

基本的には、釣った魚はすべて食べる主義なので、炭をおこして若鮎を頭からほうばる。

うまい。

6月末にもいったが、この川の鮎は今の時期でもう脂がのってる。

ガツンと目印が飛ぶようなあたりも少なくない、20㎝ほどの良型もかかる。

解禁のフィーバーが落ち着き、釣るのが難しくなってきている。

ハミ跡が多くみられることから、エサが豊富なのかな?

↑今年は成長がはやいのかな?解禁当初は、ちっちゃいのが多かったけど。

6月下旬から今日までは、阿智川メインで釣行しています。

瀬も多く、とろ場もありーのいろいろな釣りが楽しめて、川の水もとてもきれい。

型は良型です。ただ、釣り人が多くアユの数は少ない感じ。

師匠は、2時間で10本くらいあげるけど、私はせいぜい2~3本・・・

もともとアユのえさが少ない河川の為、細い感じで脂はあまりのってない感じです。

確かに、シーズン中盤には脂がのってきてた気がする。

今年は、立石方面がほとんどつれないそうで、いつもそのあたりに入っていた人たちが

今の釣り場に入ってる感じなのかな?

昨年に比べ、平日に行っても5~6人程いて少々釣りにくい💦

去年は、すいてて結構ポイントは入れたのにな~

飯田松川には入ったことがない。

というか、師匠の教えで「入らない」ことになっている。

鮎はよく釣れると聞く、1日50匹とか地元のニュースでやってた。

でも、いかない。

ふ~釣り行きたいけど、今は忙しくていけない…

頑張って仕事して、休みにはガッと釣り行きます。

 

一覧へ戻る

Page Top