カテゴリー

アーカイブ

2019.01.27 ブログ

最近ショックを受けたこと 1 昔のラジカセの方が音がいい

 

 

 

 

 

クッシーはミニコンポを持っています

真ん中がCDが入ったアンプ

今時だから

MP3 FMラジオ(当然) USB端子2系統 外部入力3系統

Bluetoothで受けられて スマートフォンも聞ける

左右のスピーカーは20センチ×40センチ 各50ワットの大出力

サンスイ CDステレオシステムSMC-570BT

通常末端小売価格35000円なりを

バーゲンでなんと15000円で買って

約4年間ご機嫌で聞いておりました

 

クッシーの持っている機械の中で

一番いい音がすると自負しておりました

それが↓

がっくり

 

クッシ~~は

昔買ったラジカセも持っています15年位前

 

 

 

 

 

 

 

ラジカセというものが全盛だった頃買った

ナショナルつまりPanasonic

コブラトップ707

ポータブルステレオCDシステムRX-DT707

一体型でCDとWカセットデッキ

当時としては めいっぱいの最高装備

 

車で言えばトヨタ2000GT

 

 

 

 

二人乗り2ドアクーペ 1988cc直列6気筒DOHC

4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション

4輪ディスクブレーキ

本物のスポーツカーを作ろうという 意気込みと

それを待ち受ける市民の熱い心が ドキドキしそうな感じ

 

ヤマハがトヨタのために作ったエンジン ツインカム24

 

日産が造ったVQ37 VQ35エンジン

クッシー かつての愛車はフーガ3500GTスポーツリミテッド

やつは19インチタイヤを履いていた

手のひらで路面を撫でているような

ハンドルから伝わる感触が なんとも言えず素晴らしい

半ノ木線でちょいっとアクセルを強めに踏むと

エンジンルームで空気を吸い込む ゾーっという音がし始める

二三秒で時速○○○キロになる ノンターボだけど凄いエンジン

(ボンネットの洗車の水滴はすぐに飛んだ)

そのことを長男(私は5年乗ってフーガは彼にあげた)は

お父さん この車に乗る人には 心のブレーキがいるんだに(当地の方言 語尾)と表現した

彼は理解していた そしてこの車で事故を起こさなかった

この車はスポーツカーよりも速い

 

クッシーも高速はいつも95から90キロ

これ以上のスピードを出すのは 危険を回避する時だけ 結構速いスピードで

後ろの車は あっという間に小さくなり 前後に安全な空間ができる

牙を向かない本物

結構燃費も良かった11キロ

 

話を戻してラジカセコブラトップは

確か56000円位した

取り扱い説明書の紙は黄色くなっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日 土曜日の夜

NHKFM ジャズ・トゥナイトを

二つの機械で聴き比べた

ショック コブラトップの方が 音が良い

なんと言うか 豊かな音がするんです

クッシーはショックと感動と感情複雑 でも沢山幸せ

古い物でも いいものは やっぱり いいんだ

そう言えば近所のCDレンタル屋さんで

視聴用の機械としてながいこと使われていた

 

めでたし めでたし

 

 

 

 

一覧へ戻る

Page Top