カテゴリー

アーカイブ

2019.09.02 ブログ

お待たせ致しました ナナフシ君です

 

クッシーんちに ナナフシ君が来てくれました

昔はよく 庭や 隣の山で見かけて

湯ヶ洞の網戸に沢山くっついていたこともあります

この付近の山はナナフシの宝庫なのかも

でも 相手は擬態のプロ

枝と見分けがつかず

見逃しているかも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアングルは珍しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体長は15センチ

 

調べました

 

七節 竹節虫 節足動物門昆虫綱ナナフシ目に属する昆虫の総称

草食性で主な餌はケヤキ、コナラ、サクラなどの植物の葉っぱ

 

木の枝に擬態した姿が特徴的

天敵は鳥で 見つからないように枝に擬態する

 

ここでクッシーお気に入りの一文

生き物というよりも、木の枝に生命が宿って

そのまま動き出したと考える方が自然なほど細長い

うん ロマンチック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七節の七は「たくさん」という程度の意味で、

実際に体節を正しく7つ持っているわけではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱帯から温帯に生息し

世界には2500種いるという説も有る

体長は数センチから50センチ超えるものまでさまざま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛ぶ能力を失ったものが多い

 

敵に襲われた際に脚を自ら切り離す 自切 を行う種が多い

幼虫の場合再生するが 成虫では再生しない

 

さてこれからが本題

クッシー驚きの真実

ナナフシは自重の40倍の重量を運搬することができる

くっしーの自重は63キロ それの40倍はなんと2520キロ

約2.5トン うまく言えないが 2トントラック一台を背中に背負って

運ぶなんてくっしーには無理

う~ん

無理

この細くて節の多い体のどこにその力が有るのか

どうしてもわからない

 

まあ 本能的に言えば 子供の頃から誰しも

アリさんが自分の体の二三倍のものを

平気で運んでいるのを見てはいるので

昆虫さんは力持ちのイメージはあるんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この細腕

 

 

 

 

 

 

 

 

従来は自重の1/20程度の重さしか運べなかった産業用ロボットを

改良するため、ミュンヘン工科大学等で幅広く研究され

ナナフシモデルと呼ばれる6脚ロボットが開発されている

 

 

 

 

 

 

 

 

手先

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影協力 ナナフシ ななお様

友情出演 ナナフシ ななお様 →ギャラ無し

撮影場所 空の番人くっしーの長屋

 

もしナナフシ君を見つけたら

決して触らないようにお願いします

手や足関節がナイーブなんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

Page Top